« ありま到着! | トップページ | お楽しみの食事タイム! »

2005.07.23

游月山荘

月光園游月山荘鴻朧館。別の旅館だと思っていたが実は間でつながっていて妙なつくりとなっている。滝川を挟んで対岸に游月山荘(内湯2つ内部の露天風呂2つ、かけ流しの露天風呂2つ、プール)があり、手前にロビーと鴻朧館がある。

游月山荘は数寄屋造りで50年ほど前に建設され8畳和室+3畳前室のお部屋が中心、鴻朧館は12畳以上の広い部屋、洋室が中心で阪神大震災の後に建築されたらしい。

ほとんどのアメニティ施設は鴻朧館にあるが、どちらの宿の客も利用可能
なかなかおしゃれなバーや麺処などがある。鴻朧館のお風呂は大浴場が2つ、露天風呂が2つのほかに3つのテーマ風呂があるところである。

砂岩風呂 現在ワインをいれたワイン風呂となっている
檜風呂 私はここを利用した
洞窟風呂 なかなか神秘的なお風呂?

この3つのお風呂が貸しきる(40分予約制)ことができるのがなかなかよかった。私はどちらかといえば明るいお風呂がすきなので檜風呂を早速予約したら当日でも入ることができた。

まず游月山荘のお風呂の鶴の湯(女性は亀の湯)に入った。私が到着したときはまだ少なく、1人だけ入っていたがすぐに貸しきり状態となった。

泉温は31.2度 含弱Rn-Na-Cl低温泉 よくわからないが、入るとすぐに肌がすべすべになったような気がした。こじんまりしたお風呂だったので露天も入りさっさとでてきた^^;;

ロビーでくつろいでいると、突然テレビから地震の速報が入った。関東地方で震度5強の地震。まわりの人も携帯電話で「大丈夫か?」と連絡していた。関東から来ている人も多いのかな?

くつろいだ後は、もちろん楽しみにしていた「檜風呂」。これは鴻朧館の大浴場のその上の階にあった。半面はすべてガラス張りで外が丸見え、ということは下から中も丸見え?なんて思いながら入った。kashikiri

デジカメで広角がとれず中途半端な写真だが本当はもっと右側も広いです。誰にも邪魔されず、ゆっくりとお風呂に入ることができました。

ほこほこになって、しかも肌すべすべになって次はお楽しみの食事タイムとなった。湯上りサロンでビール1杯無料ということだったのだが、女性団体客にスペースを占領され、味わうことができなくて残念であった。

|

« ありま到着! | トップページ | お楽しみの食事タイム! »

コメント

温泉、先日も商店主さんが和倉の加賀屋?に行かれてて、うらやましい~と思っていました。
鴻朧館って目が飛び出るお値段ですね、それが利用できるということは、かなりオトク?だったんじゃないですか。
お風呂いくつもあって楽しそうですね。貸切風呂、経験ないんですがやっぱりオススメですか?
> 湯上りサロンでビール1杯無料
あ~飲みたかったよ~(^^)

投稿: omiidon | 2005.07.26 21:13

游月山荘にとまればすべての風呂がもれなくついてきます。鴻朧館は満室でしたT_Tといっても予算オーバーだったけどね。
貸し切り風呂は嫁とはいるにはどきどきしません^^;;一人で入るのもいいかもしれませんね。
湯上がりサロンの件はなんかすっきりしません。女性の団体客の厚かましさには閉口します。

投稿: trump@和歌山 | 2005.07.28 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119453/5154683

この記事へのトラックバック一覧です: 游月山荘:

« ありま到着! | トップページ | お楽しみの食事タイム! »