« ヴィラフォンテーヌ六本木 | トップページ | 一瞬の気の緩み »

2005.10.20

飛ぶヒューズ 東京のトヨペット

sumidagwa プリウスにインバーターをつけ、そこにPCをつなげAirHでインターネットに接続し東名高速を走っていたときに突然プチっという音とともにすべてブラックアウト!

gennai gennai なにが起こったかぜんぜんわからず海老名SAによって電源オンするもまったく反応なしorz....4年使ってきたノートパソコンがとうとう昇天されたか?と思いほかの機器をつけるもまったく電源がはいらず、ACアダプタを触ると触れんくらい熱い!

やば!と思いインバーターを触るとさらに熱い!

即電源オフ、引っこ抜くケーブルそのものが熱い!

うゎ~勘弁してよと、プリウスのコンソールボックス内のサービスソケット?に触ると熱い熱い!むむ~~~これか、と思い抜いてしばらくたって電源再度オンするもまったく反応なし。がーーーんとなり宿泊地へ。六本木のホテルにて東海道一人旅さんのBBSで質問、やはりヒューズがとんだか。

120Wまでと書かれたアウトレットに、130wのインバーターをさしたのがまずかったのか、過大出力が入ればインバーターの方で切れると思ったのだがなんでだろう?インバーターがこわれているのか?

近くのサービスへ ゴーとの提案を頂き期待して就寝。

hukagawa 東海道さんの最寄の○○店へ行こうと思ったのだが少し遠かったので隅田川にかかる永代橋をわたり深川サービスセンターへ。PCをつないで電源が入らなくなったことを正直に話しピットイン。

待っている間2階の応接室でまつことしばし、メカニックの人が上がってきてやはりヒューズが飛んでいたことを教えてもらう。部品代 ○○円・・・うそ?うれしい!

ついでにヒューズボックスの場所も教えていただき、オフに向けてうれしいひと時であった。

kiyosubashi 清洲橋(きよすばし)のほとりで一休み。

1928年にかけられたこの橋は清澄町と中州町の間にかけられたためこの名前だそうな。
世界一美しいドイツケルンのライン川にかけられた吊り橋をモデルにしている。全体を撮影することができなかったが、きれいな橋だった。

近くに毎日新聞の建物があり、その一角に平賀源内の電気発祥の地の石碑がたっている。

|

« ヴィラフォンテーヌ六本木 | トップページ | 一瞬の気の緩み »

コメント

部品代○○円で良かったですね~♪
今、外出先でのモバイルが熱いようですが、私はうまく使いこなせないので、出先は携帯で十分です(^^;)
ハハハ・・・・・・(汗)


投稿: ハイブリッター斎藤 | 2005.10.20 19:44

えっ、ブラックアウトって、PCの方じゃなくてプリウスだったんですか?
それでどうやって走ったのだろう。。。
プリウスで電気系統のトラブルっていうと怖いですよね~
でもお父さんは初代型でなんのトラブルもなかったんでしょう、すごい!

投稿: omiidon | 2005.10.21 07:24

★ハイブリッター斎藤さん、こんばんは!
部品代○○円はびっくりしました。自動後退や黄色帽子で買ってももっとするのに・・・かなりイイ!対応でした。
私は信号待ちで主にカキコみしています。ひじつくところに固定して左手オンリーでブラインドタッチって言う手もありますがだいぶん危ないです

★omiidonさん、こんばんは!
ブラックアウトはプリウスですよ。あとLEDつきのコンセントにしているので急に手元がくらくなったんですよ。びっくりしましたよ。プリウスじゃなくてよかったけどね。

投稿: trump@仕事中 | 2005.10.22 00:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119453/6481829

この記事へのトラックバック一覧です: 飛ぶヒューズ 東京のトヨペット:

» バージニア・リー・バートンの風景 [壱日壱撮]
「いたずらきかんしゃ」「ちいさいおうち」「せいめいのれきし」・・・数々の名作絵本を作り出したバージニア・リー・バートン。この人の絵本が小さい頃一番読んだ絵本だと思います。円で構成された構図、アップダウンを強調した奥行き、そして一つの絵の中に時系列を収めてしまう構成の素晴らしさ。絵本の挿絵という域を超えた、ある意味芸術ともいえるその絵は写真を撮る上でも参考になるのではないでしょうか。... [続きを読む]

受信: 2005.10.25 21:03

« ヴィラフォンテーヌ六本木 | トップページ | 一瞬の気の緩み »