« 城崎カニツアー 西紀サービスエリアの丹波の恵弁当 | トップページ | キノサキノカニ! »

2005.12.06

初城崎?

kinosaki 物心ついてはじめて城崎に宿泊

今回の宿は 「山陰海岸城崎温泉 純和風 静けさと真心の宿 湯楽」というところだった。
http://www.yuraku-group.co.jp/kinosaki/index.html

行った温泉 外湯、まんだらの湯、

エ○グランドだとほんとにすれすれくらいの間をすり抜けて民家のトンネルをくぐると・・・そこは雪だったとはならずに、湯楽という旅館だった。あいにく?の晴れで雪もなく、スムーズに到着した。

純和風の木造の旅館だった。早速3階に案内され25畳はあろうかという部屋に案内される。11人が宴会をするには十分な部屋だった。

部屋の探索もそこそこに外湯めぐりに出発。 城崎温泉には大谿川沿いに7つの外湯があります。その間を下駄を鳴らしながらめぐります。

浴衣に着替えまず向かったのは まんだらの湯。城崎温泉の外湯にはなにかと話があるらしく、ここは717年道智上人の曼荼羅千日祈願によってわきでたという。その後800年後熱湯のお湯を日真上人が曼荼羅を書いて温泉のそこに沈め修業の後数日後適温になったのでまんだら湯というらしい。最近リニューアルしたらしく、こじんまりとした温泉は人でいっぱいだった。効能は?商売繁盛、五穀豊穣らしい。温泉の印象は? とにかく熱い。人がいっぱいいるとどんどん熱いお湯が供給されアツイのなんのって。

団体はいったん解散し、我々はつぎの風呂へはしご。
御所の湯、ソフトクリーム屋の向かいにでーんと鎮座する重厚な佇まい。

外観と裏腹に内装はきれい、ほんときれい、広い。効能は美人の湯

温度はこちらも高め、露天風呂は2段構えになっている。ミストサウナもついている。汗がたっぷりでて今日の戦の前のダイエット?

しっかり汗かいて 腹すかせておかないと^^;;

夕食の時間ぎりぎりになったので急いで帰る。

|

« 城崎カニツアー 西紀サービスエリアの丹波の恵弁当 | トップページ | キノサキノカニ! »

コメント

城崎の外湯は有名ですね。
個人の家でもお風呂がないとかって。毎日温泉。
お風呂掃除しなくて楽だなぁ~。(^^ゞ

投稿: ポプリ | 2005.12.06 20:35

外湯、七湯入ったことあるんですが、御所の湯が、今年新しい御所の湯に変わったので、ぜひ入ってみたいです。
カニも城崎では食べたことないし、思い切ってスタッドレス買うて行ってみよかな~(^^)
といっても、もう土日はどこも満室~(^^;

投稿: omiidon | 2005.12.07 00:19

★ポプリさん
商店街の御所の湯の前のお土産屋さんのお姉さん、閉店した後風呂に直行してましたわ。帰る前に入っていこう!てな感じなんでしょうね。あれだけあったらお風呂いりませんわ。

投稿: trump@仕事中 | 2005.12.08 04:27

★omiidonさん
ときわ別館では松葉ガニ食べはらへんのですか?
一昨年行ったときは大雪で舞鶴道通行止めになってその渋滞で2時間くらい動きませんでした。出石も雪だらけ、でも夏タイヤで行きましたが・・・。
今年は雪をどこにも見ることができずでした。

投稿: trump@仕事中 | 2005.12.08 04:30

城崎温泉へ、カニシーズンには行ったことないんです。スタッドレスが欲しい~
(城崎は12/5(月)が大雪で積もったそうですよ。)
4月以降に出る香住蟹(紅ズワイ蟹)だけ食べたことがあります。これも今年から1ヶ月長く食べられなくなったとか。。。
http://www.doblog.com/weblog/myblog/45702/1421756#1421756
もっと早く計画して冬のカニ三昧が食べたいよ~

投稿: omiidon | 2005.12.08 12:50

omiidonさん、もう冬将軍とニアミスでしたわ。1台はスタッドレス装備車だったのですが、もう一台は夏タイヤでしかもつるつるだったので将軍様がやってくるとひとたまりもなかったです。
ときわ別館はぜひ行ってみたいですが、シーズンは予約取れないでしょうね。
11月末くらいに紅葉&カニツアーが一番楽かもしれませんよ。

投稿: trump@当直中 | 2005.12.09 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119453/7489140

この記事へのトラックバック一覧です: 初城崎?:

« 城崎カニツアー 西紀サービスエリアの丹波の恵弁当 | トップページ | キノサキノカニ! »