« 一族郎党みなプリウス第二世代 | トップページ | ちょっと遅いけどあけましておめでとう! »

2006.01.02

深夜ドライブ

kashimiru 自宅~世界遺産への深夜ドライブ・・・しかもイブ

イブの花火も寝過ごしてみることができなかったので夜のドライブに行ってきた。

標高差786メートル
片道約60キロメートル
気温差10度

海の近くのガソリンスタンドでガソリンを満タンにする。夜風が身にしみる。それでも気温2度。屋根の上の水が少し硬くなっている。二桁国道を南下、○○市で3桁国道に入り、職場の前での気温1度。

misato 美里町に入るとぐっと気温がさがる。町役場での気温が0度、まだ地面は大丈夫。さらに10キロほど進むと、川にかかる橋の上がきらきらと光っている。

寒冷対策をほとんど施していないプリウスでの燃費はmisato2 17.4km/L。気温-2度、標高330メートル、路面は道路の横が雪だらけ。

yakimoti  緩やかな上り坂が延々と、これが精一杯。さらに8キロほど進み国道480号線との合流点(かつらぎ町花坂)での気温は-4度、標高400メートル、路面はきらきらと凍結している。昼ならここに「焼餅」を売るお店がある。

ここからは国道480メートル延々とうねうね道が続く。一気に850メートルまで登る。路面は半分凍結、夏タイヤで走るもすべる様子はなし、強くブレーキを踏んでもすべらない。

kouya  高野山の入り口、大門前に到達。標高850メートル、気温-6.3度、道路は圧雪路。慎重に進む。なにアホやってるのだろうと思いながらトイレ&ジュース休憩に。少々踏んでも全然解けません。新聞配達のスーパーカブが走っている。中心の道路はいいのだが、駐車場に入るとタイヤが空転(汗)いったん空転すると進まない・・・。EVモードにしてじんわりアクセルを踏んでやると脱出・・・ほっとした。

tokenai

ここからどんどん雪が深くなるがそのまま進み「奥の院」の入り口へ、もう参拝客がいるよ・。・。・こんな寒い中億まで行く元気がなかったのでここで記念撮影。

mainus  -8度和歌山なのに寒すぎです。燃費は最悪14.9km/Lを記録、まだまだ修行がたりませぬ。

yukimamire 最終地点は高野龍神スカイラインの入り口、冬季夜間は通行止めになります。

kinen2 枝から落ちてきた雪が覆いかぶさります。これ以上は危険なのでやめました。

ここからが川越じゃないけど、いきはよいよい帰りはこわい、とおりゃんせの世界。用事もないのにこんなところキヤガッテっといわんばかりの帰り道。

30キロ/h以上だせません。ブレーキ踏んだらABS、ハンドル切ったらVSCが働く状態。30キロ以下なら全然問題ないんですけどね。少し広い道でやってみました。

「フルブレーキ教習」。。。免許取りたての時に父に港まで連れて行かれまっすぐなところで時速80キロまで出した上でそこからフルブレーキング。白煙を上げて急停車する車。怖かった記憶がよみがえるも、雪道では80キロはもちろんださず40キロからのフルブレーキ。

ブレーキのかけはじめから激しく作動するABS。乗り心地悪いことこの上ないくらいの振動。ガガガガガガガ。。。と思ったより短距離で止まる。もちろん40キロだからだろうけど・・。いったん引き返し次にしたことは?

kowakowa「すこしハンドルを切った状態でのフルブレーキ教習」・・・なにやってるんだか。以前シティという車に乗っていたころに同じ場所でしたときは、思いっきり2回転しました(^^;;;;;今回違うのはプリウスにS-VSCというスタビリティコントロールがついているという点。

シティでしたときは踏み出しからテールがすべりハンドルを戻そうが何しようがまったくもどらず2回転。今回は・・・

やはり時速40キロまで上げて右にハンドルを切ると同時にフルブレーキ。緊急回避です。横滑り警告のランプが点灯すると同時に激しくピピピピピピピとなり右に切るのが軽くなり、その後右に強烈なグリップが発生し、左に戻す。2回ほど左右に振られるもスピンせず・・・・。小さな障害物なら避けることができますね。

一瞬だったのでこれ以上のインプレはムリぽ、2回同じことするほど肝っ玉大きくないので今回は終わり。

ちなみに プリウスはGT、タイヤは前後輪ともブリジストンのplayzです

|

« 一族郎党みなプリウス第二世代 | トップページ | ちょっと遅いけどあけましておめでとう! »

コメント

高野龍神スカイラインは、我輩も行ってみたい所です。
インサイト・ビート軍団がよく行ってますので
プリウスで煽りたくってやりたいです。
その時はGT3では役不足でしょうが…(^^ゞ

ちなみにご存知だとは思いますが
緊急回避はブレーキが“先”です。

我輩も茶臼山で同じ事やってますが
ぎゃはは~!と楽しんで終わりです。ハイ…。

お互い調子に乗って、自滅だけは避けましょうね!

投稿: 錯乱坊 | 2006.01.03 22:30

trumpさんてすっごい肝っ玉が大きいんですね。夏タイヤで-8度の世界までいっちゃうとは・・・ビックリ仰天!
このインプレは是非プリマニ保存版にしてください。
しかもフルブレーキ、ハンドル切りまでやってしまうとは!S-VSCってすごい効果ですね、ウチは付いてませんが、そのかわりX-ICEで許して~

投稿: omiidon | 2006.01.04 11:46

trumpさんが 総督と同じ雪山登山家だったとは・・\(◎o◎)/!

そして・・・

  >免許取りたての時に父に港まで連れて行かれまっすぐなところで時速80キロまで出した上でそこからフルブレーキング。白煙を上げて急停車する車。

trumpさん@父様は、もっと凄いですね!


投稿: プリちゃん@ビックリコン | 2006.01.04 22:18

★錯乱坊さん、こんにちは!
煽れるほどのドライビングテクニックは持ち合わせておりません(TT)、プリウスがねじ切れるかと思うくらいのハイグリップタイヤを履かせて走ってみたいです。
一回スピンさせてみたかったのですが徒労に終わりました。すなおにくるっと回ってくれません。もっとスピードうpしてやればいいのでしょうが、この1台が入院したら・・・・

投稿: trump@仕事中 | 2006.01.08 02:01

★omiidonさん、こんばんは!
危険行為なのでだめかもしれません。
夏タイヤでの雪道走行
公道での暴走行為(^^;;
自分の生活の足なのでこれ以上酷使はできませぬ。
スタッドレスは結局履きませんでした。オカネが一番の理由ですが・・・保存場所も仮住まいにはないですし・・・。日本海&長野県に行かなければすみます(--;;

投稿: trump@仕事中 | 2006.01.08 02:08

★プリちゃん@ビックリコン ?さんこんばんは!
雪は嫌いです!10年ほど前に大雪のクリスマスに夏タイヤで往復したのですが、そのときは絶対雪のあるところは来ない!って思いました。滋賀県西部で遭難しかけました。うまれて初めてチェーン巻いたし。市街地チェーン走行はいて走ってたら煽られるし。そのころは「素」のシティ。ブレーキ踏んだらおしりをぶりぶりふるし、簡単にタイヤロックしたし、おもろい旅行でしたわ。それ以来妻は雪道一緒に行ってくれません
高野山の雪なら大好きです。汚れてないし

投稿: trump@仕事中 | 2006.01.08 02:13

よろしかったら、Sタイヤまだありますから
履いてみますか?^m^

ねじ切れても責任持てませんが…( ̄ー ̄)

投稿: 錯乱坊 | 2006.01.10 00:43

履いてみてみたいです(--;;
名古屋に行くことがあればぜひ試してみたいです
燃費はすでに度外視ですから--);;
でもちょっと怖いですね。
ねじ切れないように棒必要ですか(^^;;

投稿: trump@和歌山 | 2006.01.12 02:02

ただ条件が…

7J以上のホイール幅が必要です。(^^ゞ

投稿: 錯乱坊 | 2006.01.13 09:39

ホイルが条件を満たしてませんね・・・(T_T
オークションで手に入れようっと

投稿: trump@和歌山 | 2006.01.18 16:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119453/7955931

この記事へのトラックバック一覧です: 深夜ドライブ:

« 一族郎党みなプリウス第二世代 | トップページ | ちょっと遅いけどあけましておめでとう! »