« お花見第二弾後編 美里チューリップ園(画像多数注意) | トップページ | ひさびさの大阪北部 »

2006.04.23

GS450h試乗

Gs450h微笑むプレミアム」でなんでしょう?で放置していた記事の続きを・・・。

自宅から10分位のところにあるLexusに行ってきました。ここのショールームはそれほど圧迫感はありませんが、入りづらい雰囲気をかもし出しています。

Gs450h2 いきなりメダツところにおいてあったのはGS450hです。今回の目的はずばりこの車の試乗。

おいてあったのは内覧会用のプレミアムライトブルー(ハイブリッド専用色)でものすごく目立ちます。

4月前だったので遠出はできないらしいのだけど近くのコースを試乗させてもらう。

Gs450h3 カメラを出そうとすると「あちらに移しましょうか?」と日のあたるところへ移動していただいたスタッフ。感謝

写真では伝わらないですが、なんともいえない高級感

シルバーやホワイトとはまったく違う存在感・・・

Gs450h4 よくGSはアリストの後継車といわれますが、アリストの悪い意味での下品さは微塵もありません。

ハイブリッド専用の18インチアルミ+ランフラットタイヤが目立ちます。

Gs450h5 内装はいろんなところでいろいろ紹介されているため載せません(^^;;

私が気になったのはバッテリーの位置。ちょうど10型プリウスが抱えた問題を抱えています。

トランクへはスルーできません。一番奥の下部にバッテリーが鎮座しています。

Under アンダートレイ?にあたる部分をみるとスペアタイヤがありません。ランフラットタイヤを履いているためスペアがいらないそうな。 

アクティブスタビライザーサスペンション:ロールを抑えるスタビライザーを電動で制御するみたいです。スタビライザーの効力を車両姿勢に応じて可変制御するみたいです。キレのはる走りができるのでしょう。

中央がシステムです。写真下のバッテリーはこのシステム専用のバッテリーなそうな。よってGS450h標準だとバッテリーはメインバッテリー1つ。補機バッテリーが2つものってます。トレイの下はプリウスのように収納スペースはありません。

撮影の前に試乗があったのですが、値段を見なければ本当に欲しくなる車です。

乗ってまず戸惑ったのが。エンジンスタートボタンがどこにあるの???マイナーチェンジ前のプリウスと反対で左側でした。

エンジンスタートボタンを押すと、一瞬車ががたつき雑な音とともにエンジンがかかりました。でもアイドリングしているはずなのですが、ぜんぜん音がわかりません。ハンドルがにゅーーっと降りてきました。おおおすげーーーとプリウスに乗っていると高級車の感覚が新鮮です。

シートベルトをして出発です。シフトゲージを動かすとドアロックがされます。ブレーキをリリースするとするすると出発します。 15インチのプリウスより滑らか(--;

歩道の段差も心地いいです。アクセルペダルは少し重たいです。和歌山ではレクサスは珍しいのか注目の的?です。しかもGS450hですもんね。

乗り始めてすぐなので慎重に。ベンツのディーラーの前を通り過ぎ、裏道に。ここの裏道は路面がラフなアスファルトなのでプリウスだと不快な所なのですが、ぜんぜん不快じゃないっすーーーーー。路面の情報は伝わってくるのですが不快じゃない!!!

川沿いに走り、海まで出て右回りに戻ってくるコースなのだが、残念なのはフルアクセルするところがないところ。軽く踏み込んでもとっとと追い越すことができます。交差点での右折もすこし速いスピードで切り込んでもぶれもせず、モーレツに欲しくなりました。

こりゃ市街地はプリウスとは違った意味で足がつりそうだな・・・・。

     プリウス:燃費走行するあまり足が宙に浮く
     GS450h:踏み込むのがこわくて足が宙に浮く

15分ほどの試乗コースでしたが、いい車であることはいやというくらい伝わりました。燃費は13キロ前後、踏み込むと5キロわりますが・・・。

帰ってからは日のあたるところへ移動してGS450hの説明。ため息がでます。

コーヒーを飲んだ後、商談スペースへ。個室になっております。PCとにらめっこで見積もりを立てていきます。

マークレビンソン、専用色、ムーンルーフ、本皮で、メーカーOP435750円
バージョンLが7,700,000円、税金、諸費用で56万、計8,937,140円!!!
ベンツSクラス買うこと思ったら安いんでしょうけど、生活を圧迫しない程度で買おうと思ったら年収2000万円くらいないと厳しいんちゃいまっか???

気を取り直して ノーマルGS450h、マークレビンソンなし、ムーンルーフ、本皮にするとメーカーオプション367500円。あんまり変らないのはバージョンLじゃないので本皮がオプションになるという点。
本体6,800,000円、税金諸費用523715円、合計7,930,090円と800万はきったけど1500万円くらい収入ないと厳しいんチャイまっか??

ため息でます。でも少々無理しても買っても後悔しない車だとは思いますが、GS350でもISでも十分だと思います。ただ動力性能は雲泥の差でしょうけどね・・・。

どこぞのカー雑誌ではGS430とGS450h、スタートダッシュで競争すると、あっという間に430は置いていかれるらしいです・・・。もうすぐLS600hというモンスターマシーンがでるみたいでますます楽しみです(もちろん買えないけど)

余談だが・・・LSはセルシオ買い替えユーザーが狙いとはいうものの・・・セルシオ全盛のころに買ったオーナーでLS買うことができる人はどのくらい生き残ってる(^^;;のでしょう??

 バブル崩壊、車両価格もかなり上がる・・・

団塊世代の退職ラッシュがかさなるので飛ぶようにとはいかないが結構売れるのでしょうね・・・

|

« お花見第二弾後編 美里チューリップ園(画像多数注意) | トップページ | ひさびさの大阪北部 »

コメント

金は、あるところにはある。とゆー事ですね。

最近の日本は、貧富の差が激しいと思いませんか?(^^)

投稿: 錯乱坊 | 2006.04.23 09:52

trumpさんも試乗ですか~(^^)♪
>団魂世代の退職ラッシュ
 私の父もまさにその世代です・・・(汗)
買わないかな?買う訳ないか(^^;)

投稿: sai | 2006.04.23 21:32

「年収2000万円でGS450h」

「無職で20型プリウス」
を買う・・・どちらがツワモノ?(^O^)

投稿: あいびす | 2006.04.24 00:15

★錯乱坊さん、おはようございます。
和○山にいてるとあまり感じません(爆
大阪でも難波あたりではあまり感じません
梅田に行くと少し感じます。
最近名古屋に行く度に感じます。

★saiさん、おはようございます。
普通に働いてきた人ならクラウンあたりが
多いのではないでしょうか?
Lexus買う人はよっぽど無理している人でも
ない限りかなり富裕層ですね。

★あいびすさん、おはようございます。
どちらもつわものですが、前者は珍しくないでしょうね。後者も不労収入がある人だと珍しくないでしょうね。
近くにアルバイトでレガシーB4のチューンドカー
ていう人がいます。ガソリン代もったいなくてどこにも行けないみたいです。

投稿: trump@和歌山 | 2006.04.24 11:39

トランクが狭いというのはそういう理由だったんですか。
奥行き確保が出来なったとは・・・なんでだろう。FRだからプリウスのようにシート下にぺったりとと、いうわけにはいかなかったのかな。

大きなベンツに、プリウスに遇うようりも、あれだけ出遭うわけですから、買える人、いっぱいいるのでしょうね。
ただ、レクサス店の経費はすごいと思うのですが、現状あまり売れてるとは思えない販売数で大丈夫なんでしょうか。な~んか道楽でクルマ売ってるみたい。

投稿: omiidon | 2006.04.26 12:48

★omiidonさん、こんばんは!
トランクの問題は、プリウスに乗った人だときっと不便でしょう・・・。室内が広いからあんまり関係ないでしょうけど。
GS450hもマイナーチェンジしたらスルーできるようになったりするかもしれませんね。
600hはさらにボディが大きくなるから改善してくるかも

レクサスは経費もかかるでしょうけど1台あたりのもうけは結構多いでしょうね。多少経費がかかってもしばらくは今の方針を貫くんでしょうね・・・。

投稿: trump@和歌山 | 2006.04.28 02:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119453/9717850

この記事へのトラックバック一覧です: GS450h試乗:

« お花見第二弾後編 美里チューリップ園(画像多数注意) | トップページ | ひさびさの大阪北部 »